038 一霊四魂

おはようございます。

あなたは「神様」は信じますか?

怪しさ全開でスタートしてますが

怪しい者ではありません(笑)

今回の『一霊四魂』は

神道の考え方です。

ご紹介したいと思います。

一つの直霊と

勇・愛・智・親という四つの魂という

考え方です。

出雲大社には愛と智の魂が祭られています。

(幸魂と奇魂)

伊勢神宮には勇・親の魂が祭られています。

(荒魂と和魂)

どれが良いとか悪いとかではなく

それぞれが特性があり、

バランスよく持っている人も

そうでない人もいらっしゃいます。

それぞれに特性が違うので、

説明には1時間程度かかりますので

簡単に説明します。

勇(荒魂)の特性は、目標達成・勝ち負け

愛(幸魂)の特性は、相思相愛・好きか嫌いか

智(奇魂)の特性は、真理、論理、美しさ・理にかなっているか否か

親(和魂)の特性は、平和・争い事になるかどうか

そして、その4つの魂を俯瞰して

見ているもう一人の自分を『直霊』と言います。

全員がこの1つの霊と4つの魂を持っており、

どれが強いか?っという序列になります。

例えば、

奥さんがシチューを作ろうと牛乳を買っていました。

そしてご主人が、クリームパスタを作るために

その牛乳を使ってしまうのです。

奥さんがどの魂が強いかによって、

その怒り方や対応が変わってくるのです。

≪勇が強い場合≫

私がシチューを作ろうと思って買っていたのに

作れなかった(行動達成ができなかった。)

負けたみたいで悔しい。(勝ち負け)

≪愛が強い場合≫

私が、シチューを作る為に買ってきていた

牛乳と知っていて、牛乳をつかうなんて、

私の事が嫌いなの?(好き嫌い)

一言声をかけてくれるくらいしてくれても

よいのに。(想いやって欲しい、愛されたい)

≪智が強い場合≫

私だったら、もっと、おいしい牛乳の使い方が

できるのに。もしくは賞味期限を過ぎていたから、

捨てようと思っていたのに。(調理の仕方、正しいかどうか)

≪和が強い場合≫

波風を立たせたくないから、

黙っておこう。笑顔で食べてやり過ごそう。

(平和主義・空気を読む)

少し長くなりましたね。

今回はこの辺で!

詳しくはお会いしてお話できたらと思います。

くどい様ですが、良し悪しの話ではないので。

「みんな違ってみんないい。」

徳のある人、聴ける人になれると良いですね。

次回は、『039 保稔「喜びtimes」 ~みんなの為に~』

と言う話題をお伝えできればと思います。

 

では!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

有限会社シナジーコミュニケーションズ

警備事業部 吉本 義正

080-2940-7139

東広島市西条町寺家6840-1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関連記事

一覧を見る

199 おもてなしの心

2021年4月12日

150 数字で見る当社

2021年3月2日

312 全国労働衛生週間

2021年10月12日

181 4月欠員!受注御礼!!

2021年3月30日

353 現任教育~With 大学生~

2022年4月8日

269 『良い人』

2021年7月14日

記事カテゴリ

Topix お知らせ 当社キャスト 当社の効果的な施策 第29期各種プロジェクト 警備士について

月別で探す