036 警備業法第15条

おはようございます。

今回は警備業法についてのお話です。

警備業法とは、警備業務を適正に行う為の法律です。

その中でも重要な条文が警備業法第15条です。

上記の通りなのですが、

簡単に言うと、『特別な権限はなく、お願いする業務』と

言う事になります。

では特別な権限を持っているのは?

警察官や海上保安官などが当たります。

つまり、一般市民と同じ権限しかない

と言う事になるのです。

その為、不法行為や不当行為が行われない様に

入社時の新任教育や

既存警備士の現任教育が

一定時間法律で定められています。

警備業者及び警備員は

自己の知識及び能力の向上に

常に努めなければならないとされています。

これらには、歴史的背景が関与しているのですが

プロとしてお金をもらいながら仕事をするので

会社から給与をもらって、勉強できると言うのは

私は「ラッキー」だと強く思うのです。

では、問題です!

Q:憲法は最高法規とされています。

では、その憲法の中の基本的人権が

絶対無制限に尊重されない場合があります。

それはどんな場合でしょう?

さて、今回はこの辺で!

(答えは次のブログで)

『037 公共の福祉とは?』について

お話したいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

有限会社シナジーコミュニケーションズ

警備事業部 吉本 義正

080-2940-7139

東広島市西条町寺家6840-1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

関連記事

一覧を見る

029 プリウス導入 ~社長!ああ社長!!~

2020年11月6日

140 夜勤の巡察in岩国市通津

2021年2月20日

093 早く帰ってきた渡辺

2020年12月22日

004 行動を起こすことが成功への切符

2020年10月20日

129 A看板完成!!

2021年2月11日

058 健康の秘訣

2020年11月27日

記事カテゴリ

Topix お知らせ 保稔『喜びtimes』 当社キャスト 当社の効果的な施策 憲矢リポート 警備士について

月別で探す